Think less, Feel more

YOGAを伝えている ria のブログ

【夏の暮らし】ホーリーバジルを育てる楽しみ。

4年程前からホーリーバジル(トゥルシー)を育てるのにハマってます。
鎌倉山に住む友人が自然農で育てていて、お水に生の花と葉を入れて冷たく冷やした
ホーリーウォーターをふるまってくれたのが出会いでした。
彼女が秋に作るお茶もとても美味しくて、苗を分けてもらって育てたのが始まりでした。


ホーリーバジルはインド原産でヒンドゥー語では「トゥルシーTulsi」
サンスクリット語では「トゥラシーTulasi 」といい“比類なきもの”という意味で、
ヴィシュヌ神の妻である美と富と豊穣の女神ラクシュミーの化身とされているそうです。

その根にはガンガー(ガンジス河の女神)、茎にはブラフマー (創造神)、葉には様々な神が住むと言われ
『宇宙の母 ジャガトマーター』とまで称されるようになったという。

さらに半径200m以内の空気を新鮮に保ち、周囲3kmを常に浄化するらしい。


最初はラマ、バナ、クリシュナの3種類を育てたのですが、その当時海まで徒歩3分の部屋に住んでおり、
台風で潮をたっぷり含んだ強い風が吹き付けたたため、一晩で茶色く枯れてしまうという惨事に…
あれは悲しかったなあ。。
枯れた部分を切ったら少し復活したのだけど、種を取れるほどには育たなかった。。。

翌年はラマという品種のみ。
7月くらいまでは順調に育ち花芽や葉を収穫出来ていたけれど、真夏になるにつれ、バッタの格好の餌となり
花芽もつかないような状況に。。。
この年はミントやスイートバジルもバッタにやられ、『食べてもいいけどさあ、ちょっとは残しといてよ』と
ため息をつく結果でした。

昨年は数種のトゥルシーを掛け合わせたハイブリッド、大谷トゥルシーを分けてもらい、これがとても強くて、実家の2階のベランダで育てたのも良かったのか、嬉しくなる程元気に育ちました。

ラマという種類の種は昨年ひとつも発芽しなかったので、今年は去年穫れた大谷トゥルシーを多めに蒔いてみました。
ピートモスに丁寧に大切に蒔いたのですが、同時にこぼれ種からもたくさん発芽して祭り状態に…



昨年使った土を再生していたらこぼれ種が次々と発芽!







 




大谷は強いって聞いていたけれど、ホントだなあ。。 

全部は育てきれないので、欲しいという友人達におすそ分け。
会うタイミングがなくて渡せなかった友人よ、ごめんね〜!

今年は紫蘇やスイートバジルパクチーマリーゴールドも昨年のこぼれ種から発芽して
手間要らずでした:)
そしてこぼれ種から育ったものは強いんだなあ。


タイ料理によく使われているホーリーバジル。
私は生の花や葉をお茶にしたり、ミネラルウォーターに入れて楽しんでいます。
また、ちょっと気分がすぐれないとき葉や花を食べるとすっきりします。

今の時期は次々に花が咲くので、収穫した花芽を冷凍して、ある程度たまったら蒸留水を作る予定。
 ホーリーバジルの商品を作っている友人によると、夜が明ける前に収穫すると香りが違うそう。
私は日の出前(午前4時〜4時半くらい)に収穫しています。

収穫して、たっぷり水遣りをして、坐ってぼーっと草花たちを見ている時間がとても好き。


気持ちをきちんと向けて世話をすると、植物たちは愛情に応えるかのようにすくすくと豊かに育ちます。
テキトーに育てているときは、テキトーに育ってる(笑
その違いは歴然です。
ちゃんと意識を向けていること。。。yogaだなあと感じます。

そして植物たちも眠るんですね。
下の写真、分かるかな〜 、、花芽や葉がくたっと下を向いてるの。

紫蘇も分かりやすい。
彼らはとても早寝、早起き!



ホーリーちゃんの収穫は秋が深まるまで続きます。