ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

光溢れる一日、田牛シークレットビーチ。

翌朝は夜明け前に目覚めもう一度眠ろうとベッドに潜り込むも、
なんとなく予感がして部屋のカーテンを開ける。

波の音が聞こえる静かな世界が広がっていた。


 そして。

思わず合掌していた。

あとはただ、光、光、光。



朝陽が完全に上ったことを確認して二度寝へ突入…。
10時過ぎにようやく活動開始、
シャワーを浴びて他の4人はどうしているだろうと部屋の外に出ると
朝食のバスケットが置いてあった。

5人とも迷わず眼下のビーチへ。
備品のレジャーシート(至れりつくせり!)を広げてブランチ。

だ〜れもいないプライベートビーチ、私たちの貸し切り状態。


バスケットにはサンドイッチ2種、フルーツの盛り合わせ、
ポット2本にはそれぞれオレンジジュースと熱いコーヒー。
お水、さらにデザートまで。


おしゃべりしたり、波打ち際まで行ってみたり、洞窟を覗いてみたり。



私はひたすらぼーっとしてた。
リシケシの感覚のまま、この下田にいるのがとっても不思議で。

リシケシでの幸福な日々を
この幸福な時間にじっくりと思い出して味わっていました。


気心の知れた友達っていいよね。
気づくとそれぞれ、好きなことしてる。
それがとっても心地いい。

何にもしゃべらず、ぼーっとしてる私を放っておいてくれる温かさ。



 振り返ると、蒼い空と白い砂、はるか上にペンション。


アヤ&マサオ夫妻。
ふと気づくといつも寄り添ってる。
この二人を見ていると、パートナーっていいな〜っていつも思う。
こんな世界が本当に在るんだね。
二人と友達で幸せだな〜って思う。


結局、陽が陰るまでビーチでのんびりしてた。

リオちゃん、ナオコちゃん、アヤちゃん、マサオくん
連れて来てくれてありがとう。
大好きだよ。