ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

11/19 足柄温泉

一日OFFの今日、ふと思い立って温泉へ。
今にも雨の雫が落ちてきそうな肌寒い日、こんな日は空いてるかと思いきや、以外と駐車場は埋まってました。

色鮮やかな紅葉を見られるかと期待していったけれど、ちょっと早かったみたい。
それでも赤や黄色のグラデーションに染まる森を見たり、敷地内を散策するのは楽しいものです。

今週末から真夏のタイへ行くのだけれど、日本のこの薄ら寒い気候からタイの暑い肌感覚を想像するのが難しくて、荷造りも遅々として進まず、いつも何かに急き立てられるように焦っている気持ちを落ち着かせるために温泉の力を拝借。

この頃は瞑想しようと坐るといつの間にか眠ってしまっていて、、、まあそれもよしとするか、、と思いつつ、心の何処かで自己嫌悪していて、それもリセットしたかった。
冬に近づいていることもあり朝早く起きられなくなっていて、それなのに瞑想すると眠っちゃう。。。

変化の時には人は睡眠が必要になる、たくさん眠るようになる、と聞いたことがある。
氣の調整をしたり、玄米酵母水を飲むようになったから心身が変化を始めているのかも、とも思う。

色づく葉がひらひらと舞い落ちるのを最初から最後まで眺めながら露天風呂で寛ぐ。
母を連れてきたいなあと思うけれど、足が不自由なこと、昔の手術痕をとても気にしていて「あたしはいいよ。疲れるし」って断られてしまう。
痕から入って来た母娘連れを見ながら、なんとなくせつない気持ちになりました。

天気の良い日だと、敷地内のウッドデッキのカウチにたくさんの人々が読書したり、森を眺めたり、寛いでいるのだけれど今日は誰もいなかった。
湯冷めしないようにストールをぐるぐる巻きにしてしばし川のせせらぎと森の音に耳を澄ませる。やっぱり自然の中っていいよなあ。

小径の落ち葉のじゅうたんを踏みしめながら冷たい空気をいっぱいに吸い込んだら急にお腹が空いて来て、そうだ今夜は鍋にしようと思い立つ。
玄米酵母水で作った鍋は旨味が増して美味しいのだ。
結局、あくまで俗物な私なのでした。

 ♦️お気に入りの温泉⇒足柄温泉おんりー湯

おんりー湯は宿泊も出来、お昼はバイキングがあったり、今日は「ゆるヨガ」のクラスもやっていました。
そういえば以前ヨガインストラクターの小林愛ちゃんがリトリートしてたなあ。
来年インドから帰国したらそんな企画もしてみようかな。