ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

Bali 5/7

ブログもだいぶご無沙汰していますが。。今、バリ島に来ています!
サーフィンに熱中していた高校時代から憧れていたバリ。
“バリハイ”っていう古い映画があった?それを繰り返し借りて見てた記憶があります。あれ?“南太平洋”だったかな、そしたら舞台はタヒチだったな(笑)
不思議なものですね、まったく眼中になかったインドには何故か数回行っていて(これからも毎年行くだろうし)やっと、やっとのバリです。

5/7、稲村を朝8時過ぎに出発。リオちゃんが駅まで一緒に来てくれた。ワクワクするような、ちょっと寂しいような複雑な気持ち。
成田エクスプレスで空港へ。鎌倉でダッシュして一本早い電車に乗る。大船のスタバでラテを買うため!大きなスーツケースを持ってスタバへ行くと、店員さんがご旅行ですか?よい旅を!と笑顔で送り出してくれる。
成田でチケットと交換。韓国までの席が非常口の真ん前になる。以前もそんな席になったのでいいや、と思ってOKするが、後でちょっと後悔。
2万円を$に両替する。免税の化粧品を買うためと、バリのビザ代($25)。
KOREAN AIRCAがみんな清楚な美人。非常口の横の席は足が伸ばせて快適だったが、窓がないのでちょっと閉塞感があった。次からは止めよう。
そして機内食がイマイチ。ネット予約する時にベジタリアンにしたつもりが、電話応対で便を変更したときにそれが解除された模様。。
インドのjet airwaysやdragon airはベジかノンベジかその場で選ぶことができ、美味しいんだか不味いんだかよく分からない微妙な味が割と好きで(笑)、それから機内食が楽しみの一つとなっているのでとっても残念。

ソウルのインチョン空港には約2時間で到着。免税店を物色する。帰国時に韓国で買うつもりが、早朝便でしかも乗り継ぎに時間がないことに気づき、行きに買うことに。
ランコムのジューシーチューブと自分用の美容液セット、韓国コスメの毒蛇のマスク。。。
焦って買ったので、韓国からバリへ飛ぶ最中にもしかしたらビザの$25も使ってしまったかも!と焦る。落ち着け、落ち着け、と思いつつ、どうしよう、私って本当に馬鹿、もっと焦らずゆっくりと余裕持って行動できる自分になりたい、、、夜中だから両替も出来ないだろうし、誰か日本人に助けを求めるか…なんて思って、もう一度お財布をみたら、良かった!$25はちゃんとありました。やるじゃん、あたし!自分を心の中で褒める。
しかも多少時間はかかるものの、日本円で支払うことも可能だと知る。なあんだ。。。

ングラライ空港の外へ出たら、ここはゴアか?と錯覚してしまうほどインドのゴア空港に似ていた。時間を確認すると予定より1時間早く到着してた。迎えに来て下さるエマ先生には0時過ぎと伝えてあり、ずっと待っているのも辛いので思い切って電話してみる。そうしたらお友達の車で今向かっているのとコト。ありがたい〜
スーツケースに座って待っていると、TAXIの客引きがひっきりなしに話しかけてくる。客にならないと分かってもしつこく話しかけてくる。裕福な日本人と思っているのかしら…みんなオンナ好きそう(笑)退屈しないで良かったけど。

riaさ〜ん!と美しくエレガントにエマ先生が登場して熱くハグ!
ほんのり日焼けして日本よりもキラキラと元気そう。
久美さんというとてもエネルギッシュで親切なマダムの車に乗り込む。バリ在住でブティックを経営していて、しかも自宅はホテルとしても開放しているというセレブリティ。

賑やかにおしゃべりをしながら真夜中のバリを車で飛ばして宿に到着。
エマさんとMicaxちゃんの隣が私の部屋。とても広く、キッチンもついたロスメン
思わず“わあ〜♡”と声をあげてしまう。
とりあえず荷物を置いて、真夜中のお茶を3人でする。
久美さんも、エマさんも、Micaxちゃんも夜遅く眠いのに本当にありがとう!!!
ベッドが少しだけカビ臭かったけれど、シャワーを浴びて、outdoorの虫除けスプレーをシーツや枕に噴霧しまくり、少々緊張しながら眠りにつく。