ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

Guru

明日はマハーシヴァラートリー。
シヴァ神を崇める神聖なお祭りの日です。 
 
昨年はリシケシのスワミ ダヤーナンダアーシュラムに
バガヴァットギーターの勉強をするため滞在していました。

お祭りのための準備の様子や、修行者がサンニャーシーになるために
シヴァテンプルの横にある小部屋で一晩中火を炊きながらジャパ瞑想をする様子を、
先生の解説を聞きながら厳かな気持ちで見ていたことを思い出します。

 
インド恋しいなあw
 
去年のインドは、リシケシには行く予定だったけど
アーシュラムに滞在してギーターの勉強するなんて考えていませんでした。
 
でもヴェーダーンタを学ぶ友達の後押しでダメもとで先生に連絡したら
途中参加でも快く承諾して下さり、奇跡的にアーシュラムの部屋も空いており
今思うと、本当に不思議で貴重な、それこそ「神ってる」出来事の連続でした。
 
そのことが決まったとき、ゴアで一緒にアシュタンガヨーガの練習をしていた友達が、真剣な瞳で言いました。
「riaさん、それ、普通って思ってるかもしれないけど、めっちゃ特別なことやで。」
 
彼女はヴェーダーンタの勉強をしていないけれど、それがどんなに特別で幸運なことか理解してました。
彼女の言葉どおり、アーシュラムで過ごした7日間は特別で、まさに私が求めていた生活そのものでした。

このまま此処に留まって聖典の勉強を続けられたら、何て幸せだろうと思いました。


参加していた皆さんは長く聖典を勉強している方々ばかり。
そんなすごい人達の中で 、しかも学ぶのはバガヴァットギーターの第15章。
クリシュナが唯一自ら進んで語りだす、プルシャ、本質についての勉強です。

一体私についていけるのだろうか、、と一瞬不安がよぎりましたが
不安がっている暇はありませんでした。笑
夏にタットバボーダという、ヴェーダーンタの宇宙観を学ぶ講座を受けていたこと
先生の著作「いーしゅわらーや なまは」を何度も読み
ゴアにも持って来ていて読み返していたこともあり 何とかついていけました。
 
 
日本にいる今、昨年の出来事はまさにイーシュワラに運ばれていたのだと
ひしひしと実感し、思い出すと自然に手を合わせて祈ってしまいます。
 
***
 
今回インド行きを止めると決めて、先生とzoomでお話したとき、自分でも驚くほどの本音が、誰にも言えない、自分でさえ蓋をしていた思いが溢れ出て
先生の前で泣いてしまった
 
そんな私を見せるつもりはなかったのに
 
自分でも気づかないフリをしていた思いや考えが自然に出てしまって
厳しい言葉が返ってくるかもしれない、と思ったら
先生がかけて下さった言葉は予想外のものでした。
 
 
何も後戻りしていないよ
 
プロセスだよ
 
それすらも、イーシュワラの現れだよ


何度思い出しても自然と涙が溢れ出てしまいます。
涙が出ても、何度も思い出します。
先生から向けられた言葉
 
そしてそれは紛れもなくイーシュワラの、神の、全体宇宙からの言葉

先生がいるってとても大切。
中途半端に独学で聖典を勉強していた私は混乱の只中にあって溺れていました。
 
バガヴァットギーターなどの聖典は先生から習うものです。
ヨーガスートラもそうです。
独学で勉強するものではない。とても危険です。
身を以て感じています。とても危険です。
 
なぜなら、自分が既に知っていることや、間違った考えを
聖典の言葉に重ねてしまうから。
自分が知っていることや間違った考えを聖典に言わせてしまうから。

混乱が起きます。
 
ギーターなどの聖典やヨーガスートラから学びたい、と思っている人は
学んで得たいと思っているその何かは、
自分が既に知っている範囲、考えが届く範囲に答えはないので混乱していくだけです。
なのでちゃんと資質を持った先生が必要なのです。 
 
先生とコミュニケーションを取りながら学ぶ事は、とても大事です。
 
 
友達がヴェーダーンタを勉強していたこと
それをゴアで共に練習していた仲間達にシェアしてくれたこと
そして、先生に出会えたこと。
 
今回日本に居ることも
 
全てが大きな流れの中にある
 
 
Hari Om
 
 
 
 

 

ブログ村に参加しました。ポチッとしていただくと喜びます。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ

どうもありがとうございます!