ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

Triple Rainbow

海沿いの道路をクルマで走っている
運転者は男性、私は助手席で後部座席にも2〜3人友達が乗っている
明るく晴れた日、台風一過または大雨が上がったあと
空は青く、視界がクリアだ。目の前に続く道はまっすぐで前を走るクルマはいない。視界がとても広く、晴れ晴れした気持ち。
でも波が高く、私たちは二車線の左車線を走っていて、追い越し車線に高波が押し寄せている。ひと際大きな高波が押し寄せて更に冠水、走行車線にまでかなりの水浸しに。目の前の道路に大きな水たまりが出来て、ハンドルを取られて横転しそうになる。危うく免れる。窓を開けていたので、もしまた事故りそうになったらケガをすると思い、『窓閉めるね』と声をかけて閉める。

どこかに到着。横にいるのは男性。誰かは不明。とても景色の開けた場所。
その男性がほら、と指差し見ると大きな虹がかかる。二重の虹だ、と思ったらさらにもう一つ。真ん中の虹が一番鮮やかで大きい。両端が見える。虹の根元をこんなにしっかり見るのは初めてだなあと思っている。その両脇の虹は少し淡い。
最近ずっと虹を見ていなかったので嬉しい、と思う(言った?)

青い空、少しの雲、虹、その下の風景は緑。
とにかく視界が広々していて、清々しい。
台風一過の晴天の、あの感じ。
空気は清冽で清浄で潤いに満ち、とても明るい。気持ちも、久しぶりにすっきり晴れ晴れと明るい。

昨夜の夢。