ria Yoga life

丁寧に生きシンプルに暮らす。ヨーガを学び、伝えているriaのつれづれ。

yogaをするとスッキリする理由。


yogaをすると、どうしてこんなに気持ち良いんだろう。

yogaをすると、どうしてこんなにスッキリするんだろう。


昔、スポーツクラブに通っていた頃、様々なプログラムを体験したけれど
ヨガほどの心地良さ、爽快感を感じたものはなかった。


ポイントは、息。


呼吸に意識を向けながらポーズをする、ということ。


ヨガの練習をすればするほど、呼吸に意識を向けやすくなります。
最初は自分の身体の硬さに驚いたり、思うように動かない身体に嫌悪感を抱いたり
逆に他の人より柔らかく動く自分の身体に満足感を抱いたりしますが

ヨガの先生が呼吸に意識を戻すガイドをするので、練習をすればするほど
そういった自我から発する感情から離れ、次第呼吸を意識するような道筋、クセが出来ます。



ヨガの練習をする直前まで頭が一杯になっていたトラブル、心配事、気がかりがあったとします。
でもヨガの練習を終えた後には、何故か頭がスッキリ、気持ちが落ち着いている。
そんな経験をした方は少なくないと思います。


そして、何をしたというワケでもないのに解決方向に向ったり
良いアイデアが思いついたりする。


それはヨガの練習をしたことで、巻き込まれていた出来事の渦中から
フッと離れたからだと思います。

ゆとり、余白、スペースが出来たから。

人は興奮したり緊張状態にあると呼吸は浅く早くなり、身体はカチカチ、強ばります。


毎日毎瞬、出来事は起きます。起こり続けます。
出来事は、ただ起こるだけです。
それに意味を持たせているのは、私たちです。


渦中に居るときは、『何とかしよう、何とかしよう』と頑張ります。
頑張っているのは自我の部分です。

「しよう、しよう」と頑張ること、それは
しようとしていることを『出来ないかもしれない』と疑っていることになります。
根本の部分でそう思い込んでいるので、「しよう」としていることは出来ない。

「しよう」と頑張ることは、「こうなっては困る」と考えている状態がある、ということです。


まだ実現化していない状態、また実現化されないかもしれない状態、
未だ起きていない未来に意識を集中している状態である、ということです。

または、起きてしまった過去を何度も自分の頭の中で再現している状態。


意識が、過去へ、またはそうなったら困る未来へと飛んでいて
いま、ここ、
確かに存在している今に意識が向いていない、ということに他なりません。


そんなとき、呼吸はどうなっているでしょうか。
カラダは、どうなっているでしょうか。


呼吸に意識を戻すと、フッと我に返ります。


『息』という漢字は、自らの心、と書きます。

呼吸を意識するということは、自らの心を意識するということ

呼吸を見つめるということは、自らの心を見つめるということ

呼吸を大切にするということは、自らの心を大切にするということ



“心”を表すとき、多くの人は手で胸のあたりをマークします。
頭のあたりを指し示す人もいるかもしれません。

でもそこに、自分の心が物質としてあるワケではない、ということも理解しています。



心は、どこにあるでしょうか。



そう、ふと思ってみた時に

考えず、ただ感じてみた時に

自然と浮かんで来ることが、自然と感じることが、あると思います。




そうなんです。

息を意識することの大切さが分かると思います。



ヨガをしてスッキリするのは、心がスッキリするからです。
心と身体は深くつながっているので、身体もスッキリするのです。


呼吸と共にカラダを動かすと、血の巡り、気の巡りが良くなります。
身体の巡りが良くなるので、心も同じように巡りが良くなります。

カラダにスペースが出来るので、心にスペースが生まれるのです。


心がスッキリするのは、渦中から離れるからです。
渦中から離れるということは、大きな視点に戻るということです。

良いも悪いも無い、平静な心になる、ということです。


平静な心になる、ということは、つまり。




何でこんな事を改めて書いたかというと、
出来事が起きた時、ヨガの練習に逃げて、
スッキリするかもしれないけど、何の進歩もない。
変化にむけて行動してない。逃げてるだけだ。

というような趣旨の事を以前言われた事があり、どういうことだろうな、と
今の私なりにまとめてみたかったからです。



物事を解決する、直接の行動ではないかもしれないけど、
ヨガは「解決する方向へ行く自分」に戻る方法の一つ。



「解決する方向へ行く自分」とは、いわゆる「本当の自分」で在ること。

本当の自分で在ることとは、
陰も陽も全て併せ持ち、
もっともっとと貪ること無く、嫌だ嫌だと否定することなく平静で、
幸福とともに在ること


…だと私は思っています。



もちろん、ヨガ以外の方法もたくさんあります。


何を選ぶかは、人それぞれ。



as you like